宮古島のパッションフルーツが美味しい!お土産にも。

旦那です。

宮古島は亜熱帯気候ということもあり、本州ではなかなか見かけないフルーツを食べることもできるのが楽しいです。

今回はパッションフルーツを食べてみましたのでレポートしてみたいと思います。

宮古島のパッションフルーツ

宮古島ではパッションフルーツの栽培が行われていて、「あたらす市場」や「島の駅みやこ」などで買うことができます。

シーズンとしては3月末ごろから店頭に並び始めて、9月いっぱいぐらいまで楽しめるようです(収穫シーズンによって変わります)

生のパッションフルーツは珍しい?

関西に住んでいたころはパッションフルーツをスーパーや青果店では見かけた覚えがありません。

ソフトクリームとかジュース・シロップなど加工品のイメージが強い果物でした。

ここ宮古島ではそんなパッションフルーツが比較的お手頃な価格で楽しめるのでオススメですよ。

パッションフルーツの食べ方

パッションフルーツの食べ頃のサインは少し表面にしわが出てきたぐらいがオススメです。

食べ方は簡単で、包丁で真っ二つにして中身をスプーンで食べましょう。

パッションフルーツのタネは食べれますよ。プチプチして食感が最高です。

気になるパッションフルーツの味は、ほどよい酸味にさわやかな甘さがクセになること間違いなしです!

我が家ではパッションフルーツをそのまま食べる他に、プレーンヨーグルトに入れたり、スムージーに入れたりして楽しんでいます。

パッションフルーツはお土産にもオススメ!

パッションフルーツは比較的日持ちするので、宮古島のお土産にもオススメです。

味は知っているものの、なかなか生で食べる機会がないパッションフルーツを大切な方へのお土産にしてはいかがでしょうか?

 


関連記事




記事アクセスランキング


最近の記事