宮古島のマンゴー、シーズンはいつ?価格は?食べ方は?

旦那です。

宮古島といえば、やっぱりマンゴーですよね。

甘くて、トロッとした食感がクセになります。

宮古島のマンゴー生産量は日本一

2018年のことになりますが、マンゴーの生産量で宮古島が日本一になったと「島の駅みやこ」で配布されている資料で知りました。

こんなに小さな島なのにすごいことですよね。

今回はそんな宮古島のマンゴーについて書いてみたいと思います。

 

マンゴーのシーズンはいつ?

「宮古島は常夏だから年中マンゴーが食べれるんでしょ?」

よーく言われます。が、違うんですよね。。。

宮古島のマンゴーのシーズンは、その年の出来にもよりますがおおよそ7月中旬〜9月上旬となっています。

つまり、春・初夏・秋・冬のシーズンには宮古島の生マンゴーを食べることはできないんですよね。。

冷凍マンゴーは当然、年中食べることができますが、どうせなら旬の宮古島マンゴーを食べたいですよね!

 

マンゴーの種類によってシーズンが違う!

これも知っておきたいポイントです。

宮古島で生産されている代表的なマンゴーは2種類となります。

①アーウィン

「マンゴー」と聞いて真っ先にイメージするのが、この宮古島の太陽を思わせるような真っ赤な通称「アップルマンゴー」ではないでしょうか?

このアップルマンゴーの収穫時期が7月中旬〜8月上旬となっています。

②キーツ

一見するとまだ熟していないようにも見える緑色のマンゴー。これが「キーツ」です。

キーツマンゴーはアップルマンゴーよりも少し収穫時期が後になるので、8月上旬〜9月上旬まで島内で買うことができます。

 

2種類のマンゴーの味は?

大前提として、宮古島のアップルマンゴー・キーツマンゴーともに甘いです。とにかく甘くておいしいです。

アップルマンゴーは甘くてトロッとした食感。

キーツマンゴーは少し酸味があるのですが、より濃厚な味わい。

といったところでしょうか。

ちなみに、アップルマンゴーとキーツマンゴー、皮の色は赤・緑と異なりますが、剥くと写真のような色ですよ。

 

マンゴーは購入後追熟させてより甘く!

購入したマンゴーの食べごろは必ずお店で確認しましょう。

お店によっては食べごろの目安が書いてあるので、必ずそれに従いましょう。

追熟が必要な場合、冷蔵庫には入れず常温で食べごろまで待ちましょう!

未完熟のマンゴーは絶対に冷蔵庫にいれないように注意です!

 

マンゴーの価格は?どこで買う?

価格

マンゴーの価格は糖度や見栄えによってかなりばらつきがあります。

家庭で食べるなら、少しキズがあったりして贈答品には向かない「家庭用マンゴー」がお得でおすすめです。

アップルマンゴー:1kg 1,200〜1,500円

キーツマンゴー:1kg 1,500〜2,000円

このぐらいの価格で購入することができます。※

完熟してなければお土産に持って帰ることも可能なので、店員さんに聞いてみるのをおすすめします!

※価格はその年のマンゴーの出来によって変わります。あくまでも目安程度にしてください。

宮古島マンゴーが買える店

例年、以下のお店で宮古島のマンゴーが売られているのを目にします。

  • あたらす市場
  • 島の駅みやこ
  • ワイドー市場
  • マックスバリュ
  • サンエー
  • 奥原ストアー

贈答用マンゴーの発送受付もしているお店があるので、日頃お世話になっている方への贈り物に宮古島のマンゴーはいかがですか?

きっと喜ばれると思いますよ。

 

最後に

宮古島のマンゴーについて紹介しました。

宮古島のマンゴーのシーズンは実は限られているので、滞在中に見かけたら買って食べてみましょう!

お土産にもおすすめです!


関連記事




記事アクセスランキング


最近の記事