意外?冬の宮古島はメロンが美味しいですよ!

宮古島で”フルーツ”といえば?

一番に思いつくのはやはり、「マンゴー」じゃないでしょうか?

マンゴーの種類にもよりますが、マンゴーのシーズンは夏(6月〜8月いっぱい)までとなります。

宮古島のマンゴーって美味しいですよね!贈答品にもおすすめです。

マンゴーのシーズンオフはどうなる?

当然、フレッシュなマンゴーを食べることはできません。

冷凍のマンゴーでも十分美味しいのですが、実は冬のシーズンの宮古島にはもう1つフルーツがあるのです。

それが、、、

メロンです!「冬メロン」という名前で、島の駅みやこで売られていました。

直径20cmほどの小さめのメロンでしたよ。

宮古島の冬メロン

宮古島の冬メロンは甘い!

とにかくジューシーです。甘い果汁がたまりません。

かと言って甘すぎないので、夫婦で一気に食べてしまったほどです^^;

石灰岩(珊瑚)の隆起によってできた宮古島の土壌はカルシウムをはじめとするミネラルを含んだ弱アルカリ性でメロン栽培に適しているのだとか!

果肉は夕張メロンのようなオレンジ色でした!

宮古島の冬メロンの断面

宮古島の冬メロンは贈答品にもおすすめ!

島の駅みやこでは、この宮古島冬メロンをギフト用として送ることもできましたよ。

宮古島の冬メロンは収穫から10日ぐらいで食べ頃を迎えるようです。

島の駅みやこで売られている冬メロンには、それぞれ食べ頃が記載されているので安心ですね!

冬の宮古島を訪れる機会があったら、甘い冬メロンを食べてみませんか?おすすめですよ!(冬の宮古島のお土産のリクエストにもいいかも)


関連記事




記事アクセスランキング


最近の記事