一夜しか咲かない花。サガリバナの夜花見

サガリバナ

サガリバナ、ご存知ですか?私は全く知りませんでした。

ある日、車内で何気なく聞いて居たラジオ(エフエムみやこ)から「添道のサガリバナが見頃を迎えそうです。」という内容が聞こえてきました。

なんでも、サガリバナの花は一夜で散ってしまい、群生地では甘い香りにつつまれるということ。

サガリバナの夜のお花見

気になって調べてみると、宮古島の添道という場所で毎年、一夜しか咲かないサガリバナを観賞できる催しが開催されているとのこと!

宮古島環境クラブ(MEC)企画のイベントで2017年は6回目の開催ということでした。(イベントページ

ライトアップされたサガリバナの写真もネット上で見つかり、「これは行くしかない!」と準備して出発しました。

宮古島のサガリバナの群生地

サガリバナの群生地の場所についてですが、宮古島環境クラブ(MEC)さんのイベントページにも記載がありました。

真っ暗な場所なので運転には十分気をつけて下さい。会場の近くにはガードマンも居ましたし、車もたくさん駐車されていたので迷うことはないと思います。

また、Googleマップで「宮古島 サガリバナ」と検索すると、「添道サガリバナ」という地名でヒットし、花見会場にたどり着くことができましたよ。

添道サガリバナ

サガリバナ観賞の様子

全長1kmほどの歩道沿いにサガリバナが群生していて、綺麗に咲いている花がライトアップされていましたよ。

歩道は花の甘い香りに包まれていました!

サガリバナの撮影にも挑戦。

真っ暗な夜にうすいピンクの花がなんとも幻想的でした。

その名の通り、下に垂れ下がって咲いていましたよ。

豆のようなものが蕾。

お花見開催期間の序盤に来たのでまだ6部咲き程度とのことでした。

それでも十分美しい・・・。

まとめ

  • サガリバナは年に1度1夜しか花を咲かさない
  • 宮古島のサガリバナ群生地は添道(そえどう)
  • 宮古島のサガリバナ群生地では夜花見イベントが開催されている

イベント開催期間は10日間と短いので旅行中などで運良く開催期間にあたった方は、その日はお酒を控えて行ってみてはいかがでしょうか??


関連記事




記事アクセスランキング


最近の記事